監修:狂言作者 竹柴蟹助


歌舞伎や日本舞踊では、舞台を進行する合図として柝を用いている。その時々の知らせる内容によって、さまざまな打ち方がある。

1

着到止め

(ちゃくとうどめ)

着到」とは俳優や演奏者、舞台関係者が楽屋に入り、支度にかかることをいう。通常、開幕30分前になると「着到」という鳴物が演奏され、この演奏が終了すると「チョーン..........チョーン」と柝を2つ打つのを「着到止め」といい、「化粧にかかれ」という意味。

●(5拍ぐらいの間をあける)● 

2

二丁

(にちょう)

開幕15分前に(休憩のときは流動的)、楽屋全体に聞こえる位置で、10拍ぐらいの間で2つ打つ。「化粧を終えて、かつら、衣装の支度にかかれ」という意味。

●(10拍ぐらいの間をあける)●

3

回り

(まわり)

開幕5分前に楽屋の各部を回りながら打つ柝。

劇場の広さで打つ数が異なるが、通常は、
 楽屋の入り口(頭取部屋の前)で3つ 
 ........
 舞台奥の下手で1つ  
 
舞台奥の上手で1つ  
 
舞台上手の床(義太夫)の前で1つ  
 舞台下手の下座の前で1つ  
 
舞台中央で、開幕の準備ができるまで適当な間で打つ(回り待ち) ●........●.............●

4

柝を直す

(きをなおす)

幕を開けられる状態になったとき、「開幕」の合図として下座の前で、2つ打つ。この合図で下座音楽の演奏が始まり、幕が開けられる。

.....

5

きざみ

柝を直した後、下座音楽に合わせて、細かく刻むように打つ柝を「きざみ」という。幕が開き切るまで打つので、打つ数は舞台の間口によって異なる。

● ● ● ● ●・・・・

6

止め柝

(とめぎ)

幕が開くと「きざみ」を止めて、音楽が終わってから1拍ほど間をとって1つチョーンと打つ柝を「止め柝」という。「無事に開幕した」という意味で、締めくくりとしてはっきりと打つ。

7

開幕中の柝

1、迫り上げ、迫り下げのとき
大道具の転換のため、舞台の迫りを上げ下げするときは、準備に1つ、動くときに1つ、停止したときに1つ打つ。この柝は、用意・スタート・完了の意味なので、はっきりと打つ。

...................................

用意   スタート     完了

2、舞台転換のとき
場面を変えるときは、迫り上げ、迫り下げと同様に、用意・スタート・完了と合計3つ打つ。

...................................
用意     スタート   完了

3、出語りのとき
義太夫などが、劇中に出語り(姿を現して演奏すること)の合図として柝を打つことがある。このときは、その情景に合わせて軽くはずませて「チョチョン」と2つ打つ。

◎●
チョチョン

4、場景転換のとき
舞台の場面を変化させるとき、たとえば月が出たり、ノレンを仕掛けで落とすときにも柝を打つ。出語りのときと同様に、軽くはずませて2つ打つ。

◎●
チョチョン 

8

つなぎ

一つの場面が終わり、次の場面の舞台装置に転換している間、「準備中」の意味で柝を打ち続けることを「つなぎ」という。転換作業中は間を開けて打ち、完了すると間を狭めて打って、まもなく開幕することを知らせる。出語りのときと同様に、軽くはずませて2つ打つ。

◎●.........◎●・・・・◎●...◎●・・

9

幕切れ

幕切れに打つ柝は、その幕全体を引き締める重要な役割がある。

1、幕切れの柝
最後の台詞が形よく決まったところで打って、幕切れの感情をスッキリとさせ、「無事に終了」を知らせる柝である。俳優の呼吸に合わせて、たっぷり間をとって高い調子で1つ打つ。

2、だら幕の柝
時代物の芝居のときは、幕切れの柝を打った後、始めは大きく間を開けて、次第に間をつめて打って幕を閉める。止め柝で終わり、この後は鳴物の「砂切(しゃぎり)」になる。

...... ............●●●●..............(止め柝)

3、拍子幕の柝
世話物の芝居のときは「幕切れの柝」を打った後、フェードインするように、次第に調子を高めて打ち、途中から調子を下げていって幕が閉まり切るのに合わせて終わる打ち方を「拍子幕の柝」という。

<●●●●・・・・............(止め柝)

4、砂切り止め(しゃぎりどめ)
鳴物の「砂切り」の演奏が終ると、大きく間をあけて2つ打つ。

...........

10

打ち出し

(うちだし)

芝居が終わりと、「打ち出し」という大太鼓を演奏する。このときにも柝を打つ。

1、大喜利の止め(おおぎりのとめ)
最終幕を大喜利といい、幕が閉まって2つ打つ柝を「大喜利の止め」という。これを合図に「打ち出し」を演奏する。

...........

2、打ち出しの柝
「打ち出し」の演奏になって、そのテンポに合わせるように小刻みに打つ柝を「打ち出しの柝」という。この柝は適当にフェードアウトする。

●●●●●・・・・・・>

3、打ち出しの鳴物変わりの柝
「打ち出し」の演奏が終わったところで、1つ柝を打つと「下ろし」という演奏に変わり、その日の芝居の終了を告げる。

《打ち出し》《下ろし》

4、打ち出しの止め柝
「下ろし」が終わると、また柝を1つ打つ。これを合図に「上げ」という演奏になる。

《下ろし》《上げ》

注)通常は「鳴物変わりの柝」を含めて「打ち出しの止め柝」と呼んでいる。この2つの柝は「明日も芝居がある」という意味なので、千秋楽には「打ち出しの柝」を刻みながら楽屋まで行って「打ち出しの止め柝」は打たない。

 目次へ戻る
    

狂言作者 竹柴蟹助(たけしば かにすけ)経歴

本名・古賀義一

明治37年(1904)生まれ

大正6年(1917) 歌舞伎座の狂言作者・竹柴晋吉に入門
大正8年(1919) 7代目市川中車から、竹柴蟹助と命名
昭和41年(1966) 国立劇場芸能部主査
昭和50年(1975) 勲六等旭日単光章
昭和51年(1976) 重要無形文化財(歌舞伎)保持者に認定
昭和61年(1986) 第21回吉川英治文化賞

著作 勘亭流教本(グラフィック社)・歌舞伎勘亭流(グラフィック社)

CD「柝の芸術」(CBSソニー制作/日本音響家協会企画・監修)