2016 選抜2016マイクケーブル8の字巻コンテストの報告

音響家たちの祭り、2016選抜マイクケーブル8の字巻コンテストは、協賛企業様、リードエグジビションジャパン様、多く方々のご協力により成功裏に終了しました。
また、ご見物衆のご声援も、素晴らしいものでした。
隣接するステージからの爆音は、メロデイーきみえさんの素敵な声とMC芸で切り抜け、とても素晴らしいイベントになりました。

 

ネットニュースです。途中に動画あります。

◎MCのメロデイーきみえさんのプログ http://ameblo.jp/melody-kimie/entry-12178416268.html?frm_src=thumb_module

◎文化放送にて紹介bunkahoso

 

優 勝 2016年8の字巻匠  齊藤雅和さん

準優勝 2016年8の字巻准匠 村上雅英さん

 

第一回戦成績

決勝戦成績

▲開演前の緊張スタッフ

▲スタート

▲MCのご挨拶

▲ルール説明

▲見物衆

▲決勝戦スタート

▲優勝者の仕上がり

▲優勝者

▲賞金贈呈

▲準優勝者(左)に副賞

▲匠と准匠

▲フィナーレ

▲出場者全員に8の字クッキープレゼント

▲ユニフォーム会社のホームページから

-------------------------------------------------------------------

2016 選抜マイクケーブル8の字巻コンテスト

裏方がハレの表舞台へ!

2016年7月7日(木)

予選 11:00

決勝 14:00

幕張メッセ ライブ&イベント産業展 特設ステージ   

・予選エントリーは終了しました。

・予選会場で若干名の飛び入り参加者を募ります。

********

予選の1位と2位が決勝に進出。

選抜選手と予選を勝ち抜いた選手が決勝戦で2016年の日本一を競います。

優勝者に「マイクケーブル8の字巻匠」の称号と副賞(100,000円)を贈り、準優勝者には「マイクケーブル8の字巻准匠」の称号と副賞品を授与します。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

《協賛》
モガミ電線株式会社 / カナレ電気株式会社
株式会社パシフィックアートセンター
株式会社マクロスジャパン / ライブギア株式会社
株式会社エヌエスイー / オタリテック株式会社 / オフィス アール / ザ・ゴールドエンジン /聲音軒/
ネットワーク株式会社 / ヒビノ株式会社 / ベステックオーディオ株式会社

BGM制作 株式会社JVCケンウッド・アークス

特別協力 リード エグジビション ジャパン株式会社

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

予選会出場者の皆様へ

決勝大会出場者の皆様へ

 

1、趣旨

デジタルの時代においても、音響技術者の一日の仕事はマイクケーブルの接続で開始し、そのケーブルを巻いて終了します。

したがって、マイクケーブルを巻く技巧は、音響技術者が最初に覚えるプロの技であり、奇麗に素早く巻いて、次に使用するときに使いやすくするために「8の字の形」に巻くのがコツです。

これほどまでケーブルの巻き方にこだわるのは我が国の音響技術者の特質であり、このこだわりは音響機器をいたわる作法の一つとして、とても大切なことです。

一般社団法人日本音響家協会は、マイクケーブルを8の字に巻く技巧の向上を目指して、「マイクケーブル8の字巻きコンテスト」を開催します。

 

2、開催概要

日本音響家協会の支部や専門学校・大学などから選抜された選手と、開催当日に行われる一般予選を勝ち抜いた選手が決勝戦で日本一を競います。

優勝者に「マイクケーブル8の字巻匠」の称号と副賞(100,000円)を贈り、その栄誉を讃えます。準優秀者には「マイクケーブル8の字巻准匠」の称号を授与します。

 

3、参加資格

プロの音響技術者だけでなく、どなたでも参加できます。

プロの音響技術者を目指す若者の登竜門とコミュニケーションの場となることを目指しています。

 

4、競技内容

競技の詳細は次のとおりです。

4-1使用ケーブル

全長20m、4芯縒り線、線径6mmのマイクケーブルを使用し、「ゴムバンド」で結ぶもので、主催者が準備したものとする。

 

4-2競技方法

予選は3名ずつ行い、順番はくじ引きで決める。

競技者が自分で、20mケーブル2本をU字に配線して、スタートの合図を待つ。

『用意』で競技者がケーブルの一端を手に持って構え、『合図音』でスタートする。

コネクタのメス側から捲き始め、オス側に付けたゴムバンドで結える。

両端のコネクタは接続しない。

2本を巻終えて、床に置いたところまでの時間を競う。

決勝戦は3本のケーブルで競技する。

 

4-3審査方法

審査員の採点で順位を決定する。

採点は「速さ・確実さ・美しさ・作業姿」を対象とする。

採点の結果により、1位と2位で優勝決定戦を行う。

 

5、予選

事前に出場登録済ませ、開催当日の午前(11時開始予定)に開催します。

応募者多数の場合は抽選とします。

  

 

 


以下は2015年7月8日に開催された8の字巻コンテスト

   

▼全国大会(決勝)の模様 ヤフー二ユースから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150710-00000003-wordleafv-ent

▼ロケットニュース24から
http://rocketnews24.com/2015/07/09/606592/

 

第2回マイクケーブル8の字巻コンテスト全国大会と東日本地区大会は、2015年7月9日、千葉県・幕張メッセで開催されている「ライブ&イベント産業展」の特設会場で開催しました。
日頃、照明が消えて薄暗い中でケーブルを巻いている裏方たちも、この日ばかりはハレの表舞台で、大勢の観衆が見守る中でスゴ技を見せてくれました。
優勝は北海道地区代表の湯浅俊幸さん、準優勝は東日本地区代表の阿部麻菜美さんでした。

湯浅さんには8の字巻匠の称号と10万円、阿部さんには8の字巻准匠称号と録音仕様のヘッドホンが贈られました。
7年前の優勝者も全国大会にサプライズ参加しましたが、惜しくも連覇とはなりませんでした

協賛企業は、株式会社エーアンドブイ、株式会社エヌエスイー、エムアイテイー株式会社、株式会社エレクトリ、オタリテック株式会社、カナレ電気株式会社、聲音軒、ネットワーク株式会社、株式会社パシフィックアートセンター、ベステックオーディオ株式会社、ボーズ株式会社、株式会社マクロスジャパン、株式会社ヤマハミュージックジャパン、ライブギア株式会社。

決勝の模様を動画でご覧ください。https://www.youtube.com/watch?v=aPjSPNwhiqY

81

開始前のMC

 

82

予選の模様

 

89

決勝出場者紹介

 

88 

熱戦の模様

 

84

見物客

 

85

優勝者・湯浅俊幸さん(右)と準優勝者・阿部麻菜美さん 

 

86

この日ばかりはスター気分

 

10

実行委員長・網野岳俊の締めの挨拶

 

◎全国大会(決勝)の模様 ヤフー二ユースから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150710-00000003-wordleafv-ent

◎ロケットニュース24から
http://rocketnews24.com/2015/07/09/606592/

◎MCのメロディーきみえ さんのプログから
http://ameblo.jp/melody-kimie/entry-12048812439.html

◎ヒマナイヌ川井さんのブログから
http://himag.blog.jp/45490396.html

◎全国大会(決勝)非公式ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=JOKoW46_Coo

◎東日本地区(予選) 結果発表
https://www.youtube.com/watch?v=qwv2il0LMiU

◎西日本地区(予選) ヤフーニュースから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150512-00000002-wordleafv-ent

     

CM

  

   

888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888

■北海道地区大会(予選会)終了

北海道音響事業協会の協力をいただきHSBA機器展の会場にて開催したので、多くの参加者と観覧者を得ることができ、盛り上がった大会となった。

特に参加者は社会人と学生がほぼ半数であったため、お互いが対戦する形で競技を行い、学生にとっては良い刺激になったようである。

30名が競技に参加し、その結果、優勝は湯浅俊幸さん、準優勝に仁井田正樹さん、3位が森大吉さんでした。

▲競技方法説明

▲競技模様

▲贈賞式

▲入賞者 左から準優勝の井田正樹さん、優勝の湯浅俊幸さん、3位の森大吉さん

------------------------

日時:2014年12月3日(水)

会場:札幌コンベンションセンター プロ音響機器展会場内

主催:一般社団法人日本音響家協会北海道支部
協力:北海道音響事業協会
景品提供:ライブギア株式会社

主管:一般社団法人日本音響家協会

88888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888

■中部地区大会(予選会)終了

プロ音響機器フェアin NAGOYA 2015展示会場のエントランス・スペースを会場として開催しました。

前回にも団体参加をしていただいた名古屋工学院(39名)を始め機器展入場者、出展社のスタッフなど48名が競技に参加し、優勝・木村 聰仁さん、準優勝・工藤 優さん、第3位・若松 花さんでした。

上位入賞者には賞品として、8巻コン地区大会優勝記念の時計(1位)、アイチューンカード(1〜3位)が贈られ、副賞として1〜11位入賞者まで、プロ音響機器フェア出展各社提供のグッズの詰合せ福袋セットが贈られました。 <参加賞は全員に「8の字巻きコンテスト」のロゴ入り3色ボールペン>

休憩中には音響機器フェアの各企業ブースが賑わいつつも、参加した学生にプロが8の字巻きのレクチャーをする場面も見られ、プロアマ問わず音響に携わる者の交流を深めるという意味でも非常に意義のあった大会でした。

▲競技前の会場と司会者による競技の説明

▲計測用パソコン・ストップウォッチ

▲出場者登録/集計用のPCと順位表示専用ディスプレイ

▲順位表示画面と最終結果

▲競技中の出場者

▲審査風景

▲優勝者(写真は木村 聰仁さんの代理人です)

▲優勝賞品

▲準優勝の工藤優さん

▲3位入賞の若松花さん

▲賞品と副賞の福袋

----------------------------------------------------------------------------------

日時:2015年1月22日(木)

会場:本特殊陶業市民会館ビレッジホール プロ音響機器フェア in NAGOYA 2015会場

主催:一般社団法人日本音響家協会中部支部
主管:一般社団法人日本音響家協会

888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888888

西日本地区大会(予選)終了

2015年5月12日

中央区民センター ホール

主催 一般社団法人日本音響家協会西日本支部

主管 一般社団法人日本音響家協会

西日本大会の模様
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150512-00000002-wordleafv-ent