SEASイベント情報


ジャズ音響塾2017 開催の案内

日時:2017年4月5日(水)午前午後(9:00~17:00)
会場:垂水勤労市民センター レバンテホール   
   http://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/tarumi/

演奏:ビッグフレンドリージャズオーケストラ(BFJO)
講師:原田健一(高砂高校ジャズバンド部顧問)、浅原勇治
募集人数:20名

資料費:3,000円(一般)、1,500円(学生)、1,000円(協会会員)
    見学無料(先着200名)
対象:音響ミキシング経験のある方・音響技術者2級程度の方(チーフエンジニアまたはオペレーターの指示に従い正確かつ迅速に作業ができる方。おおむね実務経験1年以上)

主催:一般社団法人日本音響家協会西日本支部
協力:高砂高校ジャズバンド部


技術セミナー「楽器を知ろう・ヴァイオリン編」

今回のテーマは、ヴァイオリン!
楽器の歴史や仕組みなど、演奏を交えながら解り易く解説します。
また、歴史的名器ストラディバリウスについてもスポットを当て、ヴァイオリンの魅力に迫ります。
楽器の知識を深めながら、マイキングや測定など音響的なアプローチから楽器を分析し、演奏家と音響家それぞれの立場から「音」について考えていきます。
第一線で活躍する演奏家との交流ができる貴重なセミナーです。
ここだけの演奏秘話が聞けるかも?是非、ご参加ください!

技術セミナー「楽器を知ろう」ヴァイオリン編の見どころ。
日時:2017年3月10日(金)13:00~17:00
会場:国立音楽大学新1号館オーケストラスタジオ
  
◎国立音楽大学が所有するストラディヴァリウスを使用して演奏します。
弦楽オーケストラ(Vn,Va,Vc,Cb)総勢8名+ソリスト(講師)の演奏を聴けるのは、この上ない幸運であり贅沢です。
ストラディヴァリウスと他の楽器と持ち替えて、聴感上の違いや、それが何に起因するものかを探求します。
  
●楽器の仕組みを知ろう
  ①ヴァイオリンのルーツから探る楽器の今、昔
  ②楽器の仕組みと構造について  
  ③演奏体験~音を出してみよう 
●楽器の特性を生かした音響へのアプローチ
  ④名器ストラディヴァリウスの世界
  ⑤マイキング実験

https://ja.wikipedia.org/wiki/アントニオ・ストラディバリ。

案内チラシPDF

日  時 :2017年3月10日(金)13:00~17:00(12:30開場)

講  師 :永峰 高志 氏(元NHK交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者・国立音楽大学教授)

アシスタント:須永 枢 氏(ヴァイオリン製作技術者)

会  場 :国立音楽大学 新1号館オーケストラスタジオ

参加料 :無料(どなたでもご参加いただけます)

主  催 :一般社団法人日本音響家協会東日本支部

協  力 :国立音楽大学、日本音響エンジニアリング株式会社、ローランド株式会社

申込先 :east@seas.or.jp またはFAX.029-874-6049
     楽器を知ろう参加希望」と明記の上、氏名・所属・連絡先をご記入下さい。